危険な魅力のある王子様若き日のキースさんに寄せられた言葉-4

前の記事から

同20:41

エマーソン〜略してELPは、原則的には、エレキギター無しのロックバンドです。

当時には、画期的な編成でした。7

グレッグさんが、たまにアコースティックギターを弾く時には、キースさんは、

7当時は、エフェクターをかけまくったエレキギターの爆音が、ロック界に君臨していた。

原則的にはエレキギター無しのロックバンドで、しかも、たった三人の編成であるELPが、世界規模で商業的な大成功を収めるとは、誰も予想だにしなかったのだ。

同20:43

ハモンドオルガンの上に置いたシンセに、ベースの音をプログラムして、左手で弾いてます。

しかも、自分の両側に鍵盤楽器を置いて、片手で一台ずつを弾いてるんですよ。8

(-)

8右手では、ハモンドオルガンなどを弾いていた。

この二台の同時弾き態勢は、彼が先駆者だろう。

その後、プログレッシロック界などで、少しずつ普及したようだ

同20:45

さて、テルミン9のような機器ですが、調べてみました。

シンセの操作用の部品である、リボンコントローラーでした。

PCで言えば、タッチパネルのような物だそうです。10

9ロシア語:。チルミンォークス

1919年にロシアで発明された、世界初の電子楽器。

英語では、ThereminまたはTheraminと綴る。

テレミンかセレミンと発音する。

テルミンは、日本で慣用化した誤記だ

この楽器に手を近づけたり遠ざけたりすることで、音量や音の高低を変えられる。

本体に手を触れる必要は無い

10ELPのライ映像で、キースさんが時操っていた、細長い板状の機器だ。

片端から長いコードが伸びて、シンセにつながっている。

同20:48

キースさんは、その中に火薬を仕込んでおいて、客席に向けて、時、火花を散らしたりしてました。11

手でこすれば操作できるんですが、お茶目な彼は、お尻でこすったりしてましたよ。12(;)

次の記事へ